ベルリアン 口コミ

ベルリアンの無添加について

ベルリアンの無添加について

無添加が安全・安心と言われるものの、なぜ無添加が安全なのか。なぜ添加物は安全ではないのか。ここではお伝えしていきます。

 

ベルリアン8つの無添加

 

1.紫外線吸着剤
2.動物性原料
3.合成・香料
4.タール系色素
5.パラベン
6.シリコン
7.石油系界面活性剤
8.鉱物油(ミネラルオイル)

 

 

1.紫外線吸着剤
紫外線から肌を守ることを目的として有機化合物(添加物)であるため、人によっては強い刺激を感じる場合があり、ニキビを悪化させる原因となります。特にニキビ肌の場合は紫外線吸収剤は、悪影響を及ぼすことが多いです。

 

2.動物性原料
肌に優れた効果をもたらす成分がある反面、強い刺激を与えてしまうケースも多いためニキビ肌には向かない成分といえます。

 

3.合成・香料
合成香料とは、人工的に作り出された香料のことで、肌に悪影響を及ぼす原因となる場合がほとんどです。

 

4.タール系色素
シミになりやすい成分。しかし、すぐにシミになる人や数十年経ってつかシミになる人がいます。また肌荒れを起こしやすい成分です。

 

5.パラベン
パラベンとは防腐剤のこと。敏感肌の場合は危険と言われている成分。
ニキビができて敏感になっている肌には使わない方がいい成分です。
 
6.シリコン
シリコンは、乾燥肌を引き起こしやすい成分です。ニキビ肌で肌内部のコラーゲンが喪失状態の肌には使わないのが無難です。

 

7.石油系界面活性剤
洗浄力が強いため、不要な皮脂以外にも必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になってしまう成分

 

8.鉱物油(ミネラルオイル)
よく聞くミネラルオイルは、メリットとして肌を保護する効果が高いです。その反面、保護しすぎて肌トラブルになりやすく、ニキビができやすい肌になってしまう成分です。

ホーム RSS購読 サイトマップ